2015年6月25日木曜日

この行為と、出会いと、後悔から、決して忘れないようにしよう、と刻印したこと。

2015年 6月6日 土曜日 
僕たちの活動を陰で支えてくれる、禅宗のお坊様に、ウズラさん達の葬儀をしていただき、予定を早めその日の深夜、畑で火葬。

骨灰を少量、白いバルーンに詰め、夜空に4つ解き放った。
撮影失敗。完全なる自己満足に終わった。

白い風船が夜空に消えていく様は、視覚的に僕たちを慰めてくれた。バルーン葬、、わるくない。

この日は、初個展に向けて、そのリハーサルとして岐阜の倉庫内でプレ初個展を行った日だった。

このような結果にならなければ、4匹が誕生したギャラリー内で、初個展の開催中に産卵も可能なはずだった。

いつかは死んでしまう日が来ることは確かだったけど、

こんなにも早く、世界は生命にとって残酷な場所だということを、つきつけられた。

生命にとって残酷な場所? 生命でないモノとは何だろう?

例えば、皮1枚で隔てられるミミズと土の関係などは不思議でたまらない。

土にとっては、ミミズの皮の内側が「この世」で、外側が「あの世」みたいな感じだろうか?

ただ入れ替わっているだけのようなのだが、、、

ミミズっていったい何者だ???


葬儀。この世と、あの世を、隔てる。

読経。境界の呪文。

境界。この世とあの世の、世界のはざま。

葬儀、読経、ミミズの皮、卵の殻、産卵、、、、、


「世界のはざま」までは、意識の中で、誰でもいつでも行くことが出来る。

これは、まるで、祈りみたいだ。


昨日、怒涛の時を過ごした、初個展を終えた。

少し走りすぎていたみたいだ。

この個展内の一作品として、映像、卵殻記念碑、ブログ、を真っ白に塗装した仏壇に展示し、
「イシュワラ」と題するインスタレーション作品として発表した。

もっともっともっともっと丁寧に、この作品を展示するべきだった。

それは、他の作品にも言えることだった。

ぼくが、この行為と、出会いと、後悔から、決して忘れないようにしようと刻印したことは、

「作品は、命が誕生する直前の卵のように、細心の注意を払って、構築し展示せねばならない」

ということ。

これからは、ひとつひとつ、ゆっくりでもかまわないから、丁寧に、丁寧に、創っていこうと思う。




「イシュワラ」

 
※この動画は、LINEグループで呼びかけ、
グループ展の参加作家たちが携帯で撮影してくれていたた動画、画像を収集し編集した。
 

 
 
※元極真空手の暴れん坊主様。
5年間の禅寺修行の後、世俗に戻り社会活動等を行っておられる。




このような機会を、どうも有難うございました。
 
 
 
 
 
~完~
 
「世界のはざま」より
 
 
 


2015年6月4日木曜日

【生後40日目】・・・

5月29日夜中

農機具倉庫内に野生小動物(イタチか野良猫??)が侵入。
ウズラ小屋の柵を破壊され、3匹が死亡。
ゲンちゃんが行方不明。

父がこれを発見し、電話で報告をうけた。

とても悲しかった。

殺されるとき怖かっただろうなと思うと、
小屋の造りが軟弱だった事、悔やんでも悔やみきれない。

いまは、3匹の遺体を冷蔵庫で保管してもらっている。

6月7日、向かいの畑で葬儀を行うことにした。

葬儀の仕方について検討を重ねたところ、現代の葬儀の方法に「バルーン宇宙葬」という方法があることを知った。http://gonkiya.com/gonkiya/style/balloon.html 

粉末化した骨灰をヘリウム風船の中に入れて宇宙にとばし、銀河の藻屑となる、というわけだ。

風船でほんとに大気圏までいけるのか?
と、ちょっと茶番じみた匂いもしないではない。

そもそも、別に宇宙になんかいかなくたって、ここも宇宙の一部なわけで、

そもそも、葬式って、生きてる側の痛みを癒すための自己満足みたいなものなのではないだろうか?と昔から思ってはいるのだけれど、、、

僕の自己満足の為に、バルーン宇宙葬とやらをDIYで実行してみようと思う。

家畜としての歴史が長いせいで、うまく空を飛ぶことができなくなった、という、ウズラ達の生涯の痕跡を宙に飛ばすことで、当り前のように存在しているようなこの現実に、ささやかな抵抗をしてやりたい。


作品として生み出した生命にたいする責任として、

もっとも適した方法で彼らの生涯を作品として世に残したいと思う。


~拝~


2015年5月25日月曜日

水子供養終了


母にはプレゼント用のアイスクリームだということにして、とずっと実家の冷凍庫にしまっていた、生まれなかった20個の卵。

ちょっと遅くなったけど、先日、やっと、仲良くさせてもらってる住職さんにお願いし、水子供養を終了した。

もともと家畜として孵化させたわけではなかったので、供養という形で火葬。

当日は畑のBBQパーティーを行っていたので参列者16名ほど、ここに至るまでの事情を解説し儀式を行ない、皆で、この行為に対する意見を交わす不思議な場となった。

僕の今の気持ちは「ごちそうさまでした」という気分。

今回火葬した生命は、僕の肉体の栄養にはならなかったけど、心の栄養となっている気がするのです。



2015年5月19日火曜日

【生後29日目】初めてのミミズ







その後、サブロー君の口から、ぼぼ全身が体内に入りそうになっていた獲物を、現ちゃんが、つまんで引きずり出し、ミミズさんは藁の隙間に落ちた。

2015年5月6日水曜日

【生後16日目】いっこうになつかない・・・

毎日毎日、エサを運び、うんこの掃除をしているのに、
僕のことを恐がり、いっこうになつかない。

生まれたときから顔みてるはずなのに!

「話しかけ」がたりないのかなー。

日に日に大きくなり、窮屈そうだったので、小屋を新築した。






2015年5月2日土曜日

【天ちゃん生後10日目】一緒に新幹線に乗った。

山手線、新幹線をクリアし、本日、無事岐阜に到着。
父母は、意外とすんなり受け入れてくれた。甥っ子たちは興味しんしんのようだ。
一つ発見があった事は、父母世代(およそ還暦)の方々は、若者世代よりも、鶏等を自宅で飼育する事に対する免疫があるようだ。
面倒が増えた・・・と思いつつも(実はすこし懐かしいと感じているのかもしれない)と思うと、僕はもしや!親孝行をしたのかもしれない。





2015年4月29日水曜日

【天ちゃん生後一週間】とにかくみなさん元気で良く食べます。

天ちゃんのフルネームは『天才ハイスクール君』といいます。
ウズラさんは自分の名前を覚えるという情報を信じて、毎日名前を呼んでいるのですが、だいたい4匹で固まっているので、コミュニケーションが難しいです。
いろいろ心配して損したというくらい、とにかくみなさん元気で良く食べます。面倒なのは、うんちの量が日に日に増えているという事です。昔たまごっちというゲームがありましたが、やっぱり現実はリアルです。この現実をこれはゲームだと思い込むようにして、1日3回位せっせと巣箱の掃除をしています。ぼくは昔インドに半年滞在してヨガの探求をしてました。ヨガ哲学の言葉で無私の奉仕の事をkarma yogaといいます。これはもしかしてそれなんじゃーないだろうか?なんてことを考えながら、6月の展覧会のプランのアイデア練り期間に突入しました。